FC2ブログ
プロフィール

当サイトはアダルトな内容を含んでおります。 18歳未満の方は閲覧禁止です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

free counters
BBS7.COM
MENURNDNEXT
PVランキング
  • SEOブログパーツ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

テレエッチ/テレH【無料ver】
テレエッチができる無料のサイト+管理人のテレエッチ日記と共に紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ脱イッター!? 雑誌『DIME』でミクシィ社長インタビュー掲載
不特定多数の人たちに自分の近況を手軽に伝える事ができるコミュニケーションサービス
『Twitter』(ツイッター)。便利ではあるが、ふと思ったときにその気持ちを簡単に書き込めてしまうため、
トラブルにあうケースもあると聞く。

そんな状況にあるなか、人気雑誌『DIME』9月号に興味深い記事が掲載されている。ソーシャルネット
ワーキングサービス『mixi』を運営している株式会社ミクシィの代表取締役社長・笠原健治氏の
ロングインタビューと、『脱つぶやきのススメ』という特集記事が掲載されているのである。

その特集では「SNSの『mixi』は現実世界と同じような人間関係を築く事ができる」とし、誰が自分の
つぶやきを見ているかわからない『Twitter』より本音で語り合うことができると解説されている。
うーむ、確かに、『Twitter』では本音を書くのは難しい。特に一部の友だちや同僚にだけ伝えたい話が
あっても、『Twitter』ではそれができない。

『mixi』にはイベントや予定を共有できる『mixiカレンダー』機能や、会社の同僚とつながる
『同僚ネットワーク』機能、特定の仲間と写真を共有できる『mixiフォト』があり、情報伝達ツールとして
バツグンに使いやすく、実用性があるSNSである。……と、ここまで読んで、『mixi』を使っていながら
それらの機能があったことに気がつかなかったユーザーもいるのではないだろうか?

『DIME』9月号にはそれらの情報だけでなく、さまざまな『mixi』の便利な使い方が解説されているので、
気になる人は読んでみるといいかもしれない。記者は2004年から『mixi』を使っているが、
『同僚ネットワーク』機能の存在に気がつかなかった(正直、すまんかった)。同僚の予定を把握し、
仕事から飲み会まであらゆる予定を、いつも使っている『mixi』で共有できるのは嬉しい。

カンタンに言えば、より細やかなコミュニケーションをとるには『mixi』等のSNSを活用したほうが
良いという事か。『DIME』に書かれている解説をよく読み、『mixi』にログインしてじっくり機能を調べてみよう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。